但馬

  • 印刷
一円電車の周回化に向けた工事を行うボランティア=養父市大屋町明延
拡大
一円電車の周回化に向けた工事を行うボランティア=養父市大屋町明延

 兵庫県養父市大屋町明延で「一円電車」を周回化させる本格的な工事が15日、始まった。地元住民のほか、同県加古川市や同県尼崎市、遠くは愛知県からボランティア24人が参加した。線路を延長するために、レールや枕木の設置を行った。ハンマーなどでボルトを打ち込む音が、鉱山跡の里山に響いた。

 住民らでつくる「鉱石の道」明延実行委員会は、約70メートルのコースを、150メートルにまで延長し周回化させる計画。工事に携わるボランティアを募集していた。

 一円電車の元運転士だった柿本一さん(82)=養父市=は「少しでも地域が元気になればええ。でも、80歳を超えると作業はえらいなあ」と話していた。

 作業は22日も行われ、砕石敷きや試運転を行う。午前9時~午後3時。軍手や長靴、タオル、弁当を持参。養父市立あけのべ自然学校TEL079・668・0258

(桑名良典)

但馬の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ