但馬

  • 印刷
特産香住ガニを使ったバーガー=道の駅あまるべ
拡大
特産香住ガニを使ったバーガー=道の駅あまるべ

 兵庫県香美町香住区余部の「道の駅あまるべ」が8月から、香住漁港で水揚げされる特産の香住ガニ(ベニズワイガニ)を使ったバーガーの販売を始めた。本場ならではのカニのうま味と甘みが人気を呼び、売り上げは好調で、早くも看板メニューに成長。川本博文駅長(56)は「年間を通じて提供したい。香美町を訪れた観光客に、余部まで足を延ばして味わってもらえたらうれしい」と呼び掛けている。(金海隆至)

 道の駅ではこれまで、定食や丼にカニを使ったことはあったが、カニを前面に押し出したメニューはなく、訪れた客から「カニはどこで食べられるのか」と尋ねられることも多かったという。今年3月、町が企画した料理フェアに合わせ、香住ガニのむき身とみそを盛り付けた特製バーガーを1カ月限定で販売したところ、評判になったことから、調理に掛ける手間とコストを再考し、新たな商品を開発することにした。

 新商品のバーガーは、カニクリームコロッケと香住ガニの冷凍のほぐし身、新鮮なレタスやキャベツを、ごまをまぶしたバンズに挟み、酸味の利いたタルタルソースを絡めた。開発リーダーの中村一世さんは「コロッケのとろりとしたおいしさとカニの風味を、素朴なバンズが引き立てる。口の大きな人にお薦め」とアピールする。

 1日10個限定。価格は600円で、ニギスのカツや豆腐ハンバーグのバーガー(いずれも400円)よりは割高だが、8月5日の発売以降、1日平均約6個を販売。週末には10個以上を売った日もあるという。

 川本駅長は「こんなに売れるとは思わず、うれしい誤算。近隣の民宿や旅館にはないメニューなので、男女を問わず幅広い年代の人におやつ代わりに食べてもらいたい」と話している。

但馬の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ