但馬

  • 印刷
ショッピングタウン「ペア」の空き店舗に出店する「フルーツジュースバー だんだん」=養父市八鹿町八鹿
拡大
ショッピングタウン「ペア」の空き店舗に出店する「フルーツジュースバー だんだん」=養父市八鹿町八鹿

 兵庫県養父市八鹿町八鹿のショッピングタウン「ペア」に17日、旬の果物の搾りたてを提供するジュース屋「フルーツジュースバー だんだん」が開店する。空き店舗を活用した若者起業プロジェクトの一環で、店主の大森ゆかさん(40)は「買い物をしながら、ゆっくり過ごせる場所にしたい」と話している。

 「ペア」は1979(昭和54)年に開業。近隣には銀行やコンビニがあり、市内でも好立地にあるが、開業から40年が経過して空き店舗が目立ち始めていた。にぎわいを取り戻そうと、約130平方メートルの空き店舗の区画をシェアすることで、家賃や共益費を抑えた。

 だんだんと同じ区画では、アクアリウムの総合プロデュースに取り組むスマイルワーク(朝来市山東町)が観賞魚が泳ぐ水槽などを設置。ショールームとして活用するという。相続などの相談事務所も合わせてオープンする。

 「だんだん」の大森さんは大阪の百貨店でジュース販売をした経験があり、小松菜とパイナップルを組み合わせたジュースやバナナミルクなどを販売する。注文の都度、搾るため新鮮さが売りで、大森さんは「手軽に飲むフルーツとして、健康や美容に役立てて」と話している。

 「だんだん」は午後1~5時。水曜、日曜(18日は営業)、祝日が定休日。TEL079・600・9009

(桑名良典)