但馬

  • 印刷
咲き誇るヒマワリの観賞に訪れた地域の住民や観光客ら=香美町香住区三谷
拡大
咲き誇るヒマワリの観賞に訪れた地域の住民や観光客ら=香美町香住区三谷
社屋東側の花畑に設けた迷路=香美町香住区三谷(トキワ提供)
拡大
社屋東側の花畑に設けた迷路=香美町香住区三谷(トキワ提供)

 兵庫県香美町香住区三谷の食品会社「トキワ」が社屋周辺で地域に開放する農園で、ヒマワリ約6万本が満開となっている。夏の日差しを浴びて黄色の大輪が一面に咲き誇り、住民や観光客らが散策するなど楽しんでいる。見頃は今月上旬ごろまで。(金海隆至)

 「べんりで酢」などの調味料で知られる同社は昨年、社屋周辺に広がる田んぼ約8千平方メートルを借り受けて農園を整備。地域活性化策として花畑にする事業を進め、菜の花やコスモスなど、四季の景観づくりに取り組んできた。

 ヒマワリは、4月から堆肥を混ぜて土づくり。5月下旬、地元住民の協力を得てトラクターを使い、種をまいた。7月になって少しずつ花が咲き始めたという。

 家族連れや子どもたちに楽しんでもらおうと、高さ約2メートルに成長したヒマワリを刈り込んだ「迷路」(約75メートル×約40メートル)も社屋東側の花畑に作った。また、事前に連絡があれば、小型無人機(ドローン)で上空から来園者を記念撮影し、画像データを提供する。

 新温泉町から母親(52)と写真を撮りに訪れた娘(28)は「これだけの数の花を間近で見ると、すごい迫力」と笑みをこぼしていた。

但馬の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ