但馬

  • 印刷
但馬牛飼育システムの世界農業遺産申請へ向けて専門家が講演したシンポジウム=JAたじま・みかた畜産事業所
但馬牛飼育システムの世界農業遺産申請へ向けて専門家が講演したシンポジウム=JAたじま・みかた畜産事業所

 美方郡で明治時代から続く但馬牛の飼育システムが今年2月、兵庫県内初の日本農業遺産に認定されたことを受け、世界版申請へ向けたシンポジウムが4日、同県新温泉町歌長の「JAたじま・みかた畜産事業所」で開かれた。厳正な血統管理に基づいて良質な牛を育ててきた歴史的価値を再認識し、申請への機運を高めるとともに、地域活性化につなげる狙い。地元の畜産農家や観光関係者ら約150人が参加し、専門家の講演に耳を傾けた。(金海隆至)

 同郡の香美町と新温泉町、JAたじまなどでつくる「『美方郡産但馬牛』世界・日本農業遺産推進協議会」が主催した。

但馬の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ