但馬

  • 印刷
香住浜海水浴場で昨年行われた「たらいこぎ大会」=2018年7月21日、香美町香住区七日市(大会実行委員会提供)
拡大
香住浜海水浴場で昨年行われた「たらいこぎ大会」=2018年7月21日、香美町香住区七日市(大会実行委員会提供)
「香住がに」クラスに出場した女性たち(大会実行委員会提供)
拡大
「香住がに」クラスに出場した女性たち(大会実行委員会提供)

 海にこぎ出す現代の「一寸法師」-。香住浜海水浴場(兵庫県香美町香住区七日市)で7月20日、1チーム6人が2人一組になって「たらい」に乗り込み、浜辺から沖合約20メートルのブイまで3往復するタイムを競う「たらいこぎ大会」が開催される。同じ日に開かれる「香住ふるさとまつり」で30年以上続く名物行事。中学生以上を対象に、実行委員会が参加者を募っている。(金海隆至)

 プラスチック製のたらい(直径約1・3メートル)に乗り、ブイまでに転覆した場合は浜辺に戻って再出発しなければならない。参加者は救命胴衣を着用し、たすきをバトン代わりにする。

 レースは2クラスで実施。性別不問の「松葉がに」クラス(先着30チーム)は制限時間5分とし、予選と決勝を行う。女性が各組1人以上乗ることが条件の「香住がに」クラス(同20チーム)は制限時間6分で、1レースのみのタイムで順位を決める。昨年は「松葉」に21チーム、「香住」に19チームが出場し、優勝タイムはそれぞれ2分21秒と3分33秒だった。

 賞金額は「松葉」が優勝3万円、準優勝2万円、3位1万円。「香住」が同様に2万円、1万円、5千円。ほかに、コスプレ賞、セクシー賞、ムキムキ賞など、特別賞として特産品や飲食券を用意する。

 実行委は「地元住民による地区対抗が発祥だが、今では町外の常連チームも毎年楽しみにしている大会。夜の海上花火と合わせ、香住の海を満喫してほしい」と参加を呼び掛けている。

 参加費は1チーム千円。同町のホームページから所定の用紙をダウンロードして、ファクス(0796・36・3809)かメール(kensetsu@town.mikata-kami.lg.jp)で申し込む。7月5日必着。高校生以下は保護者の同意が必要。実行委事務局(香美町役場建設課)TEL0796・36・1961

但馬の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ