但馬

  • 印刷
鮮やかな花を咲かせる「アンネのバラ」=朝来市和田山町玉置
拡大
鮮やかな花を咲かせる「アンネのバラ」=朝来市和田山町玉置

 ナチス・ドイツによるユダヤ人迫害で犠牲になったアンネ・フランク(1929~45年)ゆかりのバラ「アンネのバラ」が、兵庫県朝来市内の各所で見頃を迎えている。花壇を彩るオレンジやピンクなどのグラデーションが訪れる人の目を楽しませている。今週末ごろまで楽しめそうという。

 「アンネの日記」に感銘を受けたベルギーの育種家が開発し、アンネの父、故オットー・フランク氏に寄贈。花の色が鮮やかに移ろう姿に、その後の人生で多彩な才能を発揮するはずだったアンネを追悼する思いを込めている。72年にオットー氏が10本を日本に贈り、全国に広まった。

 同市では市民グループ「さんさん会」の15人が枝の剪定や肥料の投与などを続け、ジュピターホール(同町玉置)の花壇や、あさごふれ愛の郷あさひ(同町東谷)などで満開となっている。同会の松下重則さん(73)=同市=は「今年はアンネの生誕90周年。とりわけきれいに咲いているので、花を楽しみながら平和にも思いをはせてほしい」と話している。(竜門和諒)

但馬の最新
もっと見る

天気(6月21日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 40%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ