但馬

  • 印刷
アジの三枚おろしを学ぶ生徒=和田山高
拡大
アジの三枚おろしを学ぶ生徒=和田山高
アジの三枚おろしを学ぶ生徒=和田山高
拡大
アジの三枚おろしを学ぶ生徒=和田山高
アジの三枚おろしを学ぶ生徒=和田山高
拡大
アジの三枚おろしを学ぶ生徒=和田山高

 魚食の促進を目指して漁業関係者でつくる「香美町とと活隊」のメンバーが9日、和田山高校(兵庫県朝来市和田山町枚田岡)で但馬の漁業について理解を深めてもらう特別授業を行い、3年生の16人に魚のさばき方などを指導した。

 地域との連携を生かしたテーマ学習に取り組む「総合的な探究の時間」の一環。同隊メンバーや県但馬水産事務所職員が講師を務めた。

 授業では、同隊の西川誠一さん(63)が「イカつり漁」など但馬地域で行われている漁の種類を紹介。香美町商工会が町民に行ったアンケートの結果を基に、下処理の手間などから魚離れが進んでいると指摘し「栄養面で優れている魚をもっと食べてほしい」と呼び掛けた。

 続いて生徒たちはアジの三枚おろしに挑戦。「うろこは包丁の背でそぐ」「背骨に沿わせてゆっくり」などとアドバイスを受けながら、丁寧に包丁を入れた。女子生徒(17)は「魚を触ることへの抵抗が少なくなった。家でも自分でさばいてみたい」と話していた。(竜門和諒)

但馬の最新
もっと見る

天気(10月16日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ