但馬

  • 印刷
就航を記念して製作された新型機「ATR42-600」の模型=但馬空港(撮影・石川 翠)
拡大
就航を記念して製作された新型機「ATR42-600」の模型=但馬空港(撮影・石川 翠)

 但馬空港ターミナル(豊岡市岩井)はこのほど、昨年5月に就航した新型機「ATR42-600」の1機「コウノトリ号」の模型の販売を始めた。来月18日に開港25周年を迎える記念事業の一環。空港内の売店や事務所などに並んでおり、同ターミナルの担当者は「但馬を訪れた際の思い出として手に取ってもらえれば」と呼び掛ける。(末吉佳希)

 模型は100分の1スケール(縦22・5センチ、横24センチ)のABS樹脂製で、重さは約170グラム。実物のコウノトリ号と同様に、機体後方にはコウノトリのイラストがあしらわれ、尾翼にかけて濃くなるオレンジ色の塗装や「鸛」の漢字なども忠実に再現している。

 開港25周年を記念して、5月31日までに同空港内で購入すれば、機体のシルエットなどがデザインされたオリジナルバッグ(紺または黒のいずれか)をプレゼントするという。

 1機6804円。郵送販売(別途送料が必要)は、名前、住所、電話番号、購入数を記入し、ファクス(0796・26・1501)またはメール(moushikomi@tajima‐airport.jp)で申し込む。但馬空港ターミナルTEL0796・26・1500

但馬の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ