但馬

  • 印刷
大相撲コウノトリ豊岡場所を前に中貝宗治市長(右端)を表敬訪問する清見潟親方(左から3人目)ら=豊岡市役所
拡大
大相撲コウノトリ豊岡場所を前に中貝宗治市長(右端)を表敬訪問する清見潟親方(左から3人目)ら=豊岡市役所

 兵庫県豊岡市立総合体育館(同市大磯町)で4月4日、大相撲コウノトリ豊岡場所(神戸新聞社など後援)が開催されるのを前に、日本相撲協会巡業部の清見潟親方(元幕内武州山)らが27日、同市役所で中貝宗治市長を表敬訪問した。同場所では新大関の貴景勝関(同県芦屋市出身)や、白鵬と鶴竜の2横綱も土俵入りする。(石川 翠)

 同市では14年ぶりの開催。春巡業は31日の伊勢神宮(三重県)から始まり、兵庫県内では加古川市に続き2カ所目になる。

 市役所を訪れた実行委員会のメンバーは「貴景勝の大関昇進が確実になると問い合わせが増えた」などと報告。清見潟親方は「お客さんが盛り上げてくれると力士も張り切る。音などの迫力もすごいので、ぜひ生で見てほしい」とアピールした。

 当日は午前8時から公開稽古が行われ、同11時半ごろから幕下以下の取組が始まる。相撲甚句ややぐら太鼓の実演も。午後1時ごろから十両、幕内力士たちが対戦する。

 チケットは、タマリ席A(1万3千円、記念座布団付き)▽2人マス席(2万4千円、同)▽1階椅子席(1万1千円)-など7種類。29日まではチケットぴあやローソン、JAたじまなどで購入できる。30日以降は実行委TEL0800・800・7999

但馬の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 30℃
  • 22℃
  • 0%

  • 35℃
  • 16℃
  • 0%

  • 32℃
  • 20℃
  • 0%

  • 35℃
  • 20℃
  • 0%

お知らせ