スポーツ

  • 印刷
2019年度シーズン限りでの退任を発表した関学大アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督
拡大
2019年度シーズン限りでの退任を発表した関学大アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督
退任を表明した関学大アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督(中央)
拡大
退任を表明した関学大アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督(中央)
鳥内秀晃監督
拡大
鳥内秀晃監督

 学生アメリカンフットボール界の名門・関学大の鳥内秀晃監督(60)が11日、2019年度のシーズン限りで退任することを表明した。同日、大阪市内で開かれた甲子園ボウル優勝祝賀会に出席し「来季をもって監督を退く。昨年から決めていた」などと報告した。

 鳥内監督は大阪市出身。元監督で父の故昭人氏の影響で関学大からアメリカンフットボールを始め、DB兼キッカーとして活躍した。卒業後は米国コーチ留学を経て1986年からコーチとして母校での指導を始め、92年に監督に就任した。

 学生日本一を決める「甲子園ボウル」は出場14度で優勝11度(引き分け1度を含む)を数え、2001年度の日本選手権「ライスボウル」では社会人王者を破って初の日本一に輝いた。これまでに歴代監督として最長となる27年にわたりチームを率いている。

 祝賀会で「報告がある」と切り出し、退任を表明した鳥内監督は「昨年から決めていた。次の世代に任せたい」などと説明。後任については未定といい「1年かけて次の体制を考えてほしい」と述べた。(宮崎真彦)

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月22日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 25℃
  • 40%

  • 34℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

お知らせ