総合 総合 sougou

  • 印刷
小幡育子被告が園長を務めていた私立「わんずまざー保育園」。事件発覚後、廃園となった=2020年3月、姫路市飾磨区加茂
拡大
小幡育子被告が園長を務めていた私立「わんずまざー保育園」。事件発覚後、廃園となった=2020年3月、姫路市飾磨区加茂

 兵庫県姫路市から認定こども園に支給される給付費約9400万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた私立「わんずまざー保育園」(廃園)の元園長(48)に対する公判が1日、約1年1カ月ぶりに神戸地裁姫路支部(畑山靖裁判長)で開かれた。元園長は罪状認否で無罪を主張した。

 昨年4月25日の前回初公判で、弁護側は起訴内容の認否を保留。この日、改めて問われたは元園長「(だまし取ろうとしたことは)認めません」などと述べた。罪状認否に続き、午後からも証人尋問が続けられる。

 起訴状などによると、元園長は2015年4月~17年2月の間、最大定員48人を上回る園児を不正に受け入れているのを隠し、在籍数を過少に報告して姫路市から給付費計約9400万円を詐取したとされる。

 元園長に対する公判は、初公判後、争点や証拠を非公開で整理する「期日間整理手続き」に移行。検察側、弁護側が計13回にわたってそれぞれの主張を繰り広げたため、公開での裁判が長く開かれていなかった。

総合の最新
もっと見る

天気(7月7日)

  • 27℃
  • 24℃
  • 80%

  • 30℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 24℃
  • 90%

お知らせ