総合 総合 sougou

  • 印刷
飛沫対策として、アクリル板で囲まれた教卓で生徒と向き合う教員=神戸市須磨区横尾9、啓明学院中学校・高校
拡大
飛沫対策として、アクリル板で囲まれた教卓で生徒と向き合う教員=神戸市須磨区横尾9、啓明学院中学校・高校

 新型コロナウイルスの感染拡大で臨時休校が続いたが、兵庫県内の学校も6月からの本格的な再開が見えてきた。神戸市須磨区の啓明学院中学校・高校は、教員の飛沫(ひまつ)が飛ばぬよう、教卓をアクリル板で囲って授業に備えている。

 教室での感染防止策として、美術教諭が手作業でアクリル板をコの字形に加工した。約50個を作り、中高の全教室に置いたという。授業に熱が入って、「つい」とならぬよう教員はマイクも着用する。

 分散登校を経て、同校は6月15日からの通常授業を予定している。生徒が校舎に帰ってくる新しい日常に向けて、教育現場も模索が続く。(鈴木雅之)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(7月7日)

  • 27℃
  • 24℃
  • 80%

  • 30℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 24℃
  • 90%

お知らせ