総合 総合 sougou

  • 印刷
「融資助成金サーチby令電会」のホームページ
拡大
「融資助成金サーチby令電会」のホームページ

 新型コロナウイルス感染症に伴う休業などで、企業や個人の収入が減るなど生活に影響が広がりつつある中、大阪大学工学部の卒業生と学生が、国や自治体の補助金などの情報をひとまとめにした検索サービス「融資助成金サーチ」を立ち上げた。ツイッターなどで拡散され、注目が集まっている。(中川 恵)

 運営は、同大学を卒業したり、在学したりするエンジニア5人でつくるグループ「令電会」が担う。

 誕生のきっかけは、岩井康一代表(33)=東京都葛飾区=が、新型コロナの影響で仕事が減った友達のために各種補助制度を調べたことだった。情報がインターネット上に散らばり、どれを見るべきか分からない。「他にも困っている人がいるはず」と感じ、同級生や後輩とサービスを立ち上げ、4月下旬に公開した。

 簡潔で分かりやすい検索サービスを心掛けた。サイトに掲載する情報は、自然言語処理技術を使って自動収集し、大学生2人が確認して更新する。検索すると、概要や公募期間、上限金額、対象者が表示される。さらにクリックすると国や自治体のページに飛び、詳細が確認できる。まちづくりや魅力発見など、新型コロナ関連以外の助成金も検索できる。

 メンバーの大阪大2年の学生(20)=兵庫県川西市=は「目に見えて人の役に立つし、大人と一緒に仕事をすることは勉強になる」と参加した。広報を担当し、利用者からの反響や改善点を先輩に伝えている。

 見やすさを維持するためサイトに広告を表示しておらず、メンバーが資金を持ち寄って運営している。岩井さんは「必要な人がいる限り続けたい」と話している。サイトのURLはhttps://japanfinance.org

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(7月7日)

  • 27℃
  • 24℃
  • 80%

  • 30℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 24℃
  • 90%

お知らせ