総合 総合 sougou

  • 印刷
特別仕様車の内部を確認する井戸敏三知事(右)=県庁
拡大
特別仕様車の内部を確認する井戸敏三知事(右)=県庁
特別仕様車の目録を受け取る井戸敏三知事(左)=県庁
拡大
特別仕様車の目録を受け取る井戸敏三知事(左)=県庁

 新型コロナウイルスの感染者を搬送するため、兵庫トヨタグループが用意した特別仕様車5台が25日、兵庫県に無償貸与された。前後の座席をビニールシートで仕切り、空気の流れを制御して感染を防ぐ。県庁で同日、感謝状の贈呈式があった。

 同グループ側の提案で実現した。独居高齢者などが陽性となって自力で病院に行けないとき、県の健康福祉事務所が搬送に使うという。県庁と健康福祉事務所4カ所(宝塚、伊丹、加古川、龍野)に配備される。

 5台は兵庫トヨタ自動車とトヨタカローラ姫路、ネッツトヨタゾナ神戸が提供するミニバンで、貸与期間は3カ月間。ビニールシートで仕切るとともに空調の工夫などで、感染者を乗せる後部座席から運転席側への空気の流入を防ぐ。

 贈呈式では、兵庫トヨタ自動車の瀧川高章社長が「一人でも多くの患者がスムーズに移動できる一助に」とあいさつ。井戸敏三知事が「お礼を申し上げたい。第2波、第3波への備えは重要だ」と応えた。(金 旻革)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(7月11日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ