総合 総合 sougou

  • 印刷
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
拡大
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県西宮市は6日、新型コロナウイルスに感染していた同市の80代の無職男性が4日に死亡したと発表した。県内の死者は12人となった。また、神戸市は新たに20~60代の男女6人が感染したと明らかにした。県内の感染者は計209人。

 西宮市によると、男性は3月11日に発熱。同22日にせきなどの症状が出て救急搬送され、人工呼吸器を着けていた。感染経路は不明のままという。

 神戸市によると、同市の感染者6人のうち、50代の男性は会社の同僚が、40代の無職女性は家族の感染が分かっていた。

 また、60代の女性は市内の高齢者施設に勤める介護職員で、発症前の3月下旬から東京に滞在しており、施設は通常通り営業する。40代の女性は飲食店員で発症の10日前から仕事を休んでいた。この2人と、20代の会社員の男女2人の計4人の感染源は不明という。

 また、神戸大(神戸市灘区)は6日、神戸市などが既に感染を公表している20代の男性3人が、在籍する学生だったと発表した。いずれも3月12~16日にドイツに旅行していた。3人は神戸、西宮市と大阪府八尾市の在住。学内でクラスター(感染者集団)の発生は確認していないという。(小林伸哉、長谷部崇、井上 駿)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(6月7日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ