総合 総合 sougou

  • 印刷
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
拡大
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 神戸市と兵庫県尼崎市、西宮市は3日、20~60代の男性計6人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。兵庫県内で確認された感染者は計175人となった。

 尼崎市の20代男性は、臨床工学技士として尼崎総合医療センターに勤務。患者とは濃厚接触していないといい、院内感染の可能性は低いとして同センターは通常通り診療を続ける。同センターでは3月13日にも男性看護師の感染が判明している。同市はほかに、スポーツトレーナーの50代男性の感染も確認。感染した大阪府内のバスケットボール選手と接触していた。

 神戸市は20~30代の男性3人の感染を発表。20代の男子学生は3月12~16日にドイツを旅行していた。西宮市は60代の男性会社員の感染を確認した。

 兵庫県は、検査を行う時間帯の変更に伴い、この日は発表を行わなかった。(まとめ・長尾亮太)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(6月7日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ