総合 総合 sougou

  • 印刷
新たな感染者の状況について発表する西宮市の幹部ら=30日夜、西宮市役所(撮影・大田将之)
拡大
新たな感染者の状況について発表する西宮市の幹部ら=30日夜、西宮市役所(撮影・大田将之)

 兵庫県西宮市は30日夜、関西労災病院(同県尼崎市)に勤務する30代の男性医師=西宮市在住=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。30日夜時点で感染経路は不明で、同病院の31日以降の診療態勢などについては、まだ対応が決まっていないという。

 西宮市によると、男性医師は26日に嗅覚の異常を感じ、27日に受診した関西労災病院で検体を採取された。30日夕に検査で陽性と判明。容体は軽症とみられ、安定しているという。入院に向け調整が進んでいる。

 西宮市は濃厚接触者や同居人の有無などについて調査中とした。この男性医師の担当する診療科や業務、最終勤務日についても「まだ正確な情報を把握できていない」としている。病院で接した患者の有無などの情報については、同病院を所管する尼崎市保健所に調査を依頼しているという。

 同市が発表した感染者は9人目で、このうち市民は8人目となる。(小林伸哉)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(5月30日)

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 27℃
  • 13℃
  • 10%

  • 29℃
  • 17℃
  • 10%

  • 30℃
  • 16℃
  • 10%

お知らせ