総合 総合 sougou

  • 印刷
握手の代わりに「肘タッチ」で支持を呼び掛ける候補者=29日午前、高砂市内
拡大
握手の代わりに「肘タッチ」で支持を呼び掛ける候補者=29日午前、高砂市内

 新型コロナウイルスの感染が全国で広がる中、29日に告示された兵庫県高砂市長選。立候補した2新人の陣営は、マスク着用や消毒液の手配など対策に余念がない。大勢を屋内に集める個人演説会は控え、握手の代わりに「肘タッチ」をするなど異例の選挙戦が始まった。

 北野誠一郎氏(58)は出陣式で、自分からは握手せず、支持者に頭を下げて回った。「感染拡大は深刻化している。危機管理能力が問われている」と訴えた。

 一方、都倉達殊(たつよし)氏(60)の出陣式でも、スタッフや支持者はマスク姿。都倉氏は訪れた人たちと笑顔で肘を突き合わせ、「お願いします」と声を掛けた。

 両陣営とも2月下旬から屋内集会を中止し、街頭演説やインターネットを使った発信に力を入れてきた。告示後も屋内での演説会は開かない。ある陣営スタッフは「小まめな街頭活動が鍵になる」と話す。

 市選挙管理委員会も、感染防止に追われる。30日に始まる期日前投票では、鉛筆の持参を認め、記載台を定期的にアルコール消毒する。(斉藤正志)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 25℃
  • 19℃
  • 40%

  • 24℃
  • 16℃
  • 40%

  • 26℃
  • 19℃
  • 50%

  • 26℃
  • 19℃
  • 60%

お知らせ