総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸市役所=神戸市中央区
拡大
神戸市役所=神戸市中央区

 神戸市のホームページ(HP)の自動翻訳機能による中国語表記で、新型コロナウイルス感染症の死亡が「死神」と表示されるなど、多数の誤訳が生じていることが分かった。神戸市会で指摘を受けた久元喜造市長は問題を認め、「かなりの改善が必要だと考えている」と述べた。

 同市HPは日本語のほか中国語(簡体字、繁体字)、英語、スペイン語など9言語に対応。グーグル社の翻訳機能を搭載し、HP上の文章や文字を選択した言語に自動変換する。

 誤訳が指摘されたのは中国語(簡体)で、市内の患者発生状況では死亡が「死神」、男性は「男装」、区役所の案内では、北神区役所が「北海道区役所」などに。日付も令和2年が「1932年」などと表示されていた。

 市の担当者は「無料翻訳を入れている他自治体でも、誤訳は頻繁に起きている」とし、「だいたいの意味が伝われば」と誤訳はそのままにしているという。だが、市会本会議で市議が「外国人に必要な情報が正確に伝えられていないのでは。国際都市を標榜(ひょうぼう)する市として、HPの仕様を見直すべきだ」と求めた。

 久元市長は「機械の翻訳の問題で誤訳が生じるが、今のままでいいとは思わない。費用対効果も勘案しながら、見直しを行う」と答えた。(初鹿野俊)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 25℃
  • 19℃
  • 40%

  • 24℃
  • 16℃
  • 40%

  • 26℃
  • 19℃
  • 50%

  • 26℃
  • 19℃
  • 60%

お知らせ