総合 総合 sougou

  • 印刷
トランスジェンダーを公表し、ブログで情報発信する岡笑叶君=西宮市内
拡大
トランスジェンダーを公表し、ブログで情報発信する岡笑叶君=西宮市内
岡笑叶君のブログ画面。顔写真を出し、LGBTとして感じる日々の思いをつづっている
拡大
岡笑叶君のブログ画面。顔写真を出し、LGBTとして感じる日々の思いをつづっている

 女性として生まれ、男性として生きる兵庫県西宮市の15歳が、「同じ立場の人たちとつながりたい」と顔や名前を明らかにしてブログで情報発信し、交流を図っている。体と心の性が一致しない、トランスジェンダー。中学進学後、スカートの制服を強いられて苦しんだ時期もあったが、学校はズボン着用を認め、校則も変えて通学環境を整えた。LGBT(性的少数者)を隠してきたが、家族や学校の理解に力を得て、一歩を踏み出した。(初鹿野俊)

 このほど西宮市立苦楽園中学校を卒業した岡笑叶(わかな)君。母親の佐紀子さん(47)は、3番目に授かった笑叶君が3歳の時、姉との違いに気付いた。女の子の服をひどく嫌がり、兄のおさがりを着せると落ち着く。戦隊ごっこをしたり高い所に登ったり、遊び相手も男の子が多い。「(男女の)『間(あいだ)』の子がいてもいいかなと受け止めた」と笑って述懐しつつ、「男の子と思って育てようと決めた」。

 小学校の入学前、西宮市に転居した。笑叶君は「男の格好をした僕をみんながどう思うかな」と考え、家族には「これから女の子になる」と宣言。しばらくは無理なく女子として過ごしたが、高学年になると男っぽい服を選ぶようになり、髪を短くした。

 2017年、苦楽園中に入学。女子の制服は「しんどかった」。自らに「女装」と言い聞かせ、スカートで通ったが、鏡に映る自分の姿に息苦しくなった。2年生の9月、通学路でスカート姿を見られるのが耐えられなくなり、下は体操着で登下校した。

 事情を聴いた学校は理解し、笑叶君は体操着での登下校を続けた。だが、10月の合唱コンクールは観客らの前でスカートを着る必要があり、出演を固辞したが、説得されてやむなくスカート姿で舞台に立った。

 制服のため行事に打ち込めない環境を重く見た柳井〓子校長は、本格的に校則の変更を考えた。LGBT当事者の講演を聴く授業を開き、住民や保護者に説明し、昨年1月、性別に関係なく制服のズボンとスカートを選べる校則に変えた。

 男子のネクタイ、女子のリボンは残ったが、学校は今年4月から制服をズボンとスカートを選べるブレザーに切り替え、ネクタイに統一することを決めた。

 笑叶君は、同じ境遇にありながら堂々と男性として過ごす九州の友人に触発され、「僕も隠したくない」と決意した。

 昨年9月から実名で、顔写真も載せたブログを始め、LGBTの苦悩をつづる。まだ十分な配慮がなされていない学校が多いのが気がかりだ。「一人じゃないと伝えたい。仲間の居場所をつくれたら」と語る。

 「自分をもっと出したい」と4月からは制服のない高校に進む一方、自身の境遇を全国で講演するため、近く会社を立ち上げる。学業と並行し、「僕より下の年代が、楽に生きられる社会にするために活動したい」と思い描く。

 ブログは「岡笑叶」で検索できる。メールアドレス(wakana.oka.8@gmail.com)を公開し、LGBT当事者との交流を図っている。

※〓は「徳」の旧字体

総合の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 25℃
  • 19℃
  • 40%

  • 24℃
  • 16℃
  • 40%

  • 26℃
  • 19℃
  • 50%

  • 26℃
  • 19℃
  • 60%

お知らせ