総合 総合 sougou

  • 印刷
街角に鮮やかな彩りを与えた、土内さんの花のオブジェ=神戸市中央区小野柄通6
拡大
街角に鮮やかな彩りを与えた、土内さんの花のオブジェ=神戸市中央区小野柄通6
フラワーアーティストの土内悠実さん=神戸市中央区小野柄通6
拡大
フラワーアーティストの土内悠実さん=神戸市中央区小野柄通6

 新型コロナウイルス感染拡大で活気を失った街に、花で元気を届けたい-。神戸・三宮の女性フラワーアーティストが3月上旬、色鮮やかなオブジェを店先に飾った。春らしく黄色を中心に飾り付けた花々が街角に彩りを加えた。

 神戸市中央区小野柄通でオーダーメイドフラワーサロン「アマーヴェル」の土内悠実さん(26)。完全予約制のため普段は花を廃棄することはないが、予約を受けて準備していたイベントが急きょキャンセルになった。他の作品に使うことはできない花の命を無駄にしたくないと、一晩掛けてオブジェを作り、店頭に展示した。

 展示は1週間と想定していたが、花は2週間、持ちこたえてくれた。土内さんは「花を通して、1人でも多くの人に幸せを贈りたい」と、飛び切りの笑顔で話してくれた。(後藤亮平)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(7月10日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ