総合 総合 sougou

  • 印刷
委員長ら3人が出席した第3回調査委員会=21日午後、神戸市中央区東川崎町1、神戸市教育委員会事務局(撮影・秋山亮太)
拡大
委員長ら3人が出席した第3回調査委員会=21日午後、神戸市中央区東川崎町1、神戸市教育委員会事務局(撮影・秋山亮太)

 神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で、市教育委員会が設置した外部調査委員会の報告書概要版が21日、公表された。

 調査委は、30代の男性教員2人が20代男性教員に激辛カレーを無理やり食べさせたり、唇や目の下に塗り付けたりするなど、加害教員4人の行為として計123項目をハラスメントと認定。さらに、どう喝的な言動で20代男性教員に懇親会への出席を事実上強要するなど、当時教頭だった前校長による2項目の行為も、ハラスメントと認定した。

 報告書概要版は、加害教員4人による暴行・暴言の動機として「弱い者を『いじる』ことで笑いをとる、という典型的な『いじめ』の心理そのもの」と指摘。さらに「管理職が主として作り上げたともいえる職員室全体の雰囲気が、結果として犯罪といいうる行為を含むハラスメントを防止できず、一人の教員を精神的に追い詰めるに至った」と前校長、現校長の責任にも言及した。

 また、東須磨小独自の問題点として、女性教員が約7割を占め、若い教員が多いという教員構成のいびつさ▽一部の教員間の確執▽一体感の欠如-などを挙げた。市教委による体系的・実効的なハラスメント研修の欠如、外部相談窓口の不備とも重なり、暴行・暴言を未然に防止できなかったとした。

 調査委の所見として「(今回の問題で)教員に対する偏見や予断が生じ、学校への信頼が失墜することのないよう、われわれが意識的に、社会全体で学校・教員を支援することが、子どもに対してなし得る大きな貢献の一つだ」などと結んだ。

     ◇     ◇

■神戸市長がコメント

 報告書提出を受け、神戸市の久元喜造市長は「教育委員会においては、おぞましい行為を行った加害職員に対し厳正な処分を行うとともに、調査委員会の報告もひとつの参考とし、教育現場の再生に全力で取り組むよう強く求める」とコメントした。

【連載・特集】神戸・東須磨小 教員間暴力

総合の最新
もっと見る

天気(6月1日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ