総合 総合 sougou

  • 印刷
明石市役所=明石市中崎1
拡大
明石市役所=明石市中崎1

 兵庫県明石市がLGBT(性的少数者)や多様な性への理解を進める施策を企画・立案する専門職員2人程度を公募したところ、20日の締め切りまでに、全国から99人の応募があった。競争倍率は約50倍。市の担当者は「社会的な関心が高まる中、制度や偏見を変えたいと意欲的な人が増えている結果では」と受け止める。

 同市は2020年度中にも、同性のカップルを婚姻に準ずる関係に公認する「パートナーシップ制度」を導入する。このほか、性別を問わない公衆トイレの整備や学校制服の在り方など幅広い取り組みを進める。

 こうした施策で中心的な役割を担ってもらおうと、市は昨年12月に公募を開始。LGBT当事者や支援者を含め、性の多様性に関する課題に理解と知識がある人を対象にしていた。

 市によると、東京都や千葉、佐賀県などからも応募があり、年代は20~60代と幅広かった。書類選考を通過した約半数が2月1日、市役所などで面接試験を受け、4月以降に採用する。任期は5年以内だが、正規採用も見据える。

 兵庫県内では宝塚、三田、尼崎市が「パートナーシップ制度」を導入。東京都渋谷区は公募ではないが、LGBTへの理解を進める専門職員を採用している。(小西隆久)

総合の最新