総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 4日にアフガニスタンで銃撃され、亡くなった医師、中村哲さん(73)の悲報に、兵庫県内からも悼む声が相次いだ。

 福岡県立福岡高校の同級生だった芦屋市の男性(72)は「何と言ったらいいのか。残念で仕方ない」とショックを隠しきれない様子。「表情や話し方は優しく穏やか。でも、強い信念を持っていた」と人柄をたたえ、「現地の人たちと同じものを食べ、思いやりと愛情を持って活動を続けていた。人類の誇りだと思う」としのんだ。

 2人は高校時代は面識がなかったが、同窓会を機に交流を深めてきた。男性は阪神・淡路大震災後、妻(72)と芦屋を拠点に復興支援コンサートなどを続けてきた。中村さんは「私にできることがあったら何でもするから」と応援してくれたという。

 2016年には講演会を企画。中村さんは、趣味の昆虫採集をきっかけにアフガニスタンに関わったエピソードなどを披露した。

 男性の妻も「偉ぶることもなく、素晴らしい人だった。こんな形で亡くなるなんて」と残念がった。(末永陽子)

総合の最新
もっと見る

天気(1月26日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

  • 11℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ