総合 総合 sougou

  • 印刷
天元戦第2局で勝利し、感想戦で勝負を振り返る井山裕太天元(右)。左は許家元八段=21日午後、北海道ニセコ町、「いこいの湯宿 いろは」
拡大
天元戦第2局で勝利し、感想戦で勝負を振り返る井山裕太天元(右)。左は許家元八段=21日午後、北海道ニセコ町、「いこいの湯宿 いろは」

 囲碁の井山裕太天元(30)=棋聖、本因坊、王座=に許家元八段(21)が挑戦している第45期天元戦5番勝負の第2局が21日、北海道ニセコ町の「いこいの湯宿 いろは」で打たれ、午後5時5分、161手で黒番の井山が中押し勝ちを収め、対戦成績を1勝1敗とした。

 持ち時間各3時間のうち、残りは両者とも1分。第3局は11月22日、福岡県久留米市の「ホテルマリタ-レ創世 久留米」で行われる。

 黒33(12四)の打ち込みから戦いが始まった。白52(11五)のノゾキに黒53(8三)と下がったのが井山らしく厳しい打ち回し。白は56(4六)から64(5八)までの打ち方が疑問で黒57(3六)、63(3七)、65(4九)となってみると左辺で黒の確定地が大きい。後半、地合いが足りないと見た白は108(6十三)と黒地に突入したが、届かなかった。

 立会人の趙治勲名誉名人(63)は「井山天元が51(8四)など厳しい手を打つと許八段が少しひるんだように見え、それが最後まで響いた。許八段は気持ちを切り替え、次局では本来の厳しい碁を見せてくれると思う」と話した。

総合の最新
もっと見る

天気(11月17日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ