総合 総合 sougou

  • 印刷
天元戦で第1着を打つ井山裕太天元(左手前)と挑戦者の許家元八段(右手前)=21日午前、北海道ニセコ町、「いこいの湯宿 いろは」
拡大
天元戦で第1着を打つ井山裕太天元(左手前)と挑戦者の許家元八段(右手前)=21日午前、北海道ニセコ町、「いこいの湯宿 いろは」

 囲碁の井山裕太天元(30)=棋聖、本因坊、王座=に許家元八段(21)が挑戦する第45期天元戦5番勝負(神戸新聞社主催)の第2局が21日午前9時、北海道ニセコ町の「いこいの湯宿 いろは」で始まった。

 第1局で中押し勝ちを収めた許が連勝して最年少での天元獲得にあと1勝とするか、5連覇を達成して「名誉天元」の称号を目指す井山がタイに持ち込むか。立会人の趙治勲名誉名人(63)の合図で、黒番の井山が第一着を右上隅小目(17四)に打ち下ろした。

 両者小目を占める立ち上がりとなった。白20(3十五)に対して激しく対応する手もあったが、黒は21(3十四)、23(2十五)と打ち、穏やかな序盤戦となっている。

 趙名誉名人は「最近は序盤から激しい碁になる傾向にあるが、井山天元はゆっくりとした碁をあえて目指しているようだ」と話している。

 持ち時間は各3時間で、21日夕方には勝敗が決まる見通し。神戸新聞NEXTで対局の模様を中継している。

【天元戦】中継サイトはこちら

総合の最新
もっと見る

天気(11月17日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ