総合 総合 sougou

  • 印刷
昔変わらぬ町並みを残す龍野地区=たつの市龍野町本町
拡大
昔変わらぬ町並みを残す龍野地区=たつの市龍野町本町

 国の文化審議会は18日、龍野城下の商家町を受け継ぐ兵庫県たつの市龍野地区を重要伝統的建造物群保存地区(重伝建地区)に選定するよう文部科学相に答申した。旧町人地の地割り(敷地の区画)を残し、醤油醸造で発展したまちの姿をとどめる建造物や歴史的景観が評価された。(松本茂祥)

 兵庫県内では神戸市の北野町・山本通、豊岡市の出石、丹波篠山市の城下町地区と福住、養父市大屋町大杉に続き6カ所目。全国では119カ所目となる。

 保存地区は揖保川沿いに広がる旧町人地の中心区域15・9ヘクタール。一帯は山麓の龍野城を中心に南西側に武家地、南東側に町人地を形成。地区内では江戸中期の絵図にある間口割りと一致する宅地は約半数に上る。

 地区内の伝統的建造物の大半を占める町家の建築時期は、18世紀中期~昭和初期の約250年間にわたる。時期によって多様な形式が併存するのが特徴。

 昭和の高度経済成長期には揖保川の対岸で市街化が進んだが、龍野地区では大規模開発は免れた。ただ、近年は高齢化で空き家が増えている。たつの市の山本実市長は「国に認められたことを誇らしく思う。重伝建地区選定をスタートラインに市全体の活性化につなげたい」とコメントした。

総合の最新
もっと見る

天気(11月17日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ