総合 総合 sougou

  • 印刷
事務所の使用制限の仮命令を受けて開かれた意見聴取の会場。山口組は欠席した=17日午前、神戸市中央区下山手通5
拡大
事務所の使用制限の仮命令を受けて開かれた意見聴取の会場。山口組は欠席した=17日午前、神戸市中央区下山手通5

 対立抗争が続く山口組(神戸市灘区)と神戸山口組(同市中央区)の両指定暴力団に対し、兵庫県警が暴力団対策法に基づき事務所の使用を制限する仮命令を出したのを受け、県公安委員会は17日、本命令の可否を検討するため双方からの意見聴取を始めた。22日までに傘下組織を含む計6団体から聴取し、結果を踏まえて判断する。

 神戸市内では双方が絡む事件が相次ぎ、緊張関係が高まっている。今月10日には、神戸山口組の中核団体「山健組」の事務所近くで傘下の組員2人が射殺され、県警が山口組系組員(68)を逮捕して殺人容疑で送検。4月には神戸山口組系組幹部が路上で刺され、8月には山口組の最大勢力「弘道会」系組員が拠点施設前で銃撃された。

 県警はこれらの事件を受け、報復の連鎖を防ぐ緊急措置として11日夜に仮命令を出し、県内にある両組の本部事務所など計11カ所の使用を制限した。本命令を出す場合、仮命令から15日以内に判断する。

 意見聴取は組側に反論や弁明の機会を与える手続きの一環で、初日の17日は山口組が対象。午前10時から県警本部に会場が設けられたが、1時間を過ぎても関係者は現れず、県公安委は欠席と判断した。神戸山口組などについても順次、意見聴取を行う。

総合の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 17℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ