総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県教育委員会は、スポーツ普及や競技レベルの向上を目指す「兵庫県スポーツ推進計画」(2012~21年度)の18年度取り組み状況を公表した。調査した53項目のうち8割強に当たる44項目について目標を「達成」「おおむね達成」となった一方、9項目で未達成だった=表参照。子どもの体力向上や、県内の小学校区単位で設置されている「スポーツクラブ(SC)21ひょうご」の活用などで課題が残った。(佐藤健介)

 「達成」(達成率100%)、「おおむね達成」(同90%以上100%未満)、「やや下回った」(同70%以上90%未満)、「下回った」(同70%未満)の4段階で数値目標を定め、毎年、達成状況を公表している。今回は「達成」が20項目、「おおむね達成」が24項目、「やや下回った」が9項目で、「下回った」はなかった。

 スポーツの国際大会が続く「ゴールデンスポーツイヤーズ」を見据え、20年東京五輪・パラリンピックの事前合宿誘致件数や、「ワールドマスターズゲームズ(WMG)2021関西」の参加者数の2項目を追加。WMGについては開催年に調査を行う。

 1985年ごろの子どもの体力水準との比較では、短距離走の成績は目標値を超えていたものの、男女とも投げる能力が不足している。小学生男子のボール投げでは、85年の体力テストの平均値が29・4メートルだったのに対し、18年は23・3メートルにまで落ち込んだ。

 また、大学や企業と連携したスポーツイベントなどに取り組むSC(19・3%)▽競技団体への登録などが不要で気軽に参加できるスポーツ大会数(76大会)-の2項目で目標値に届かなかった。

 一方で、週3回以上の成人のスポーツ実施率(39・1%)▽競技スポーツ指導者数(887人)▽障害者スポーツサポーター参加者数(1万3800人)▽体育施設を開放する公立高校(71・1%)-といった項目では目標を達成している。

総合の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 20%

  • 12℃
  • 9℃
  • 60%

  • 16℃
  • 13℃
  • 30%

  • 14℃
  • 11℃
  • 20%

お知らせ