総合 総合 sougou

  • 印刷

 産経新聞社は10日、同紙の播州、神戸、阪神版に連載した「無人島生活 中学生のサバイバルキャンプ」(8月18~20日付)の表現や構成が、神戸新聞姫路版の連載「新人記者が挑む無人島サバイバル」(昨年8月31日~9月3日付)と酷似していたとして、神戸新聞社に謝罪した。

 連載はいずれも兵庫県姫路市・家島諸島の無人島で毎夏、中学生向けに開かれるキャンプが題材。産経新聞社の記事は姫路支局の40代の男性記者が執筆した。

 同社の調査によると、記者は主催者から神戸新聞の連載を収録したスクラップブックを渡され、読んだ後に返却。記者は「参考になったが、手元に置いて写すようなことはしていない」と故意を否定している。しかし、同社は「事前に連載を読み、出てきた記事がそれと酷似している以上、著作権を侵害した可能性を否定できない」と判断した。

 同社は記事を取り消すとともに、記者と関係者の処分を検討。「コンプライアンス教育を徹底する」としている。

総合の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ