総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
再調査委員会の結果を報告する吉田竜一委員長(奥中央)=15日午後、多可町中区中村町、ベルディーホール(撮影・笠原次郎)
拡大
再調査委員会の結果を報告する吉田竜一委員長(奥中央)=15日午後、多可町中区中村町、ベルディーホール(撮影・笠原次郎)

 兵庫県多可町で小学5年の女児が自殺した問題について再調査委員会が15日に発表した報告書。町教育委員会設置の第三者委がまとめた報告書と認定事実は大きく異ならないとしながら、女児は4年時からグループ内で「仲間外れ」と「囲い込み」が同時並行する複雑ないじめを受け、「相当危険な状態にあった」との見方を新たに示した。学校側はこの状況を正しく認識できず、進級時のクラス替えで、グループと離れることができなかった女児は「確固たる決意をもって自死を決行した」とした。(長嶺麻子)

 会見した再調査委の吉田竜一委員長は「いじめは一見、仲が良いグループで起きる」と、異変に気付きながら「見守り」にとどまった学校側の対応の甘さを指摘。報告書では、女児はグループ内で不本意に胸の見せ合いに参加させられたり、脚を強く蹴られたりした上でグループ外の児童から引き離され無力化、孤立化していく過程を認定した。

 クラス替えを経て、いじめの対象は女児一人となり、以前のように外で遊ばず教室で一人、読書をするようになった。これを「いじめが見えない透明化の段階に入った」と分析。女児が自殺した日については、約3週間後に4泊5日の自然学校を控え、「孤立状態の継続が予想できることが影響した」と推察した。

 吉田委員長は「子どもの認識は薄いだろうが、仲間外れや囲い込みは明らかないじめ。学校側も十分認識すべきで、傍観者も加害者であることを周知させてもらいたい」と訴えた。

 同町の吉田一四町長は「答申を重く、真摯(しんし)に受け止め心からおわびする」。岸原章教育長は「学校が見抜けなかったことを重く受け止める」とし、前回報告書について「遺族の思いに沿っていない部分があった」と話した。

【全国学校事故・事件を語る会(事務局・たつの市)の内海千春代表世話人の話】一般論の提言が多かった前回の調査報告書に比べ、今回は事実の表記が詳しくなり、自分の子どもに何があったかを知りたいという遺族の気持ちに添っていると思う。ただ、事実が明らかになった後に学校が現場対応をどうするべきか、具体的な方法やモデルがない。調査委員会による具体的な提言も必要ではないか。

総合の最新
もっと見る

天気(4月21日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 20%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ