西播

  • 印刷
赤穂市役所=赤穂市加里屋
拡大
赤穂市役所=赤穂市加里屋

 兵庫県赤穂市は15日、新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた市民や事業者への支援策を発表した。水道料金4カ月分を無料にし、児童手当に1人1万円を上乗せする方針。22日の市議会臨時会に一般会計補正予算案などを提出する。

 水道料金は一般料金を適用する家庭や事業者約2万2千件が対象で、使用量にかかわらず7~10月請求分を無料にする。同市の水道料金は口径13ミリの場合、月10立方メートル当たり374円で日本一安い。

 児童手当受給世帯には国の給付金と同額の子ども1人1万円を上乗せする。児童扶養手当か特別児童扶養手当の受給者には子ども1人2万円を独自支給する。

 ひとり親家庭などに弁当の持ち帰りサービスをしている市内2カ所の子ども食堂に5万円(1回5千円を10回まで)を助成。離職や休業で住まいを失うか、失う恐れのある人には住居確保給付金を原則3カ月支給する。牟礼正稔市長は「地域経済の活性化や市民生活の下支えに第2弾の対策を考えたい」と話した。(坂本 勝)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

西播の最新
もっと見る

天気(7月11日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ