西播

  • 印刷
自作のフェースシールドを寄贈した松尾侑紀さん(中央)、芙美子さん(左)夫妻=たつの市役所
拡大
自作のフェースシールドを寄贈した松尾侑紀さん(中央)、芙美子さん(左)夫妻=たつの市役所

 医療従事者に役立ててもらおうと、兵庫県たつの市の夫婦がゴールデンウイークの休みを利用してフェースシールド100個を自作し、たつの市に寄贈した。市内の医療機関に配布される。

 同市の会社員松尾侑紀さん(31)、芙美子さん(28)夫婦。コロナ禍で飛沫(ひまつ)感染を防ぐフェースシールドが不足する中、自作して届けようという道用大介・神奈川大准教授らのインターネット上の呼び掛けに共感した。

 約9万円で3Dプリンターを購入し、フレームの部分を成型。前部の透明の覆いは、市販の製本カバーで代用した。製作時間は1点につき1時間強で、トータル100時間以上かかったという。

 山本実市長から感謝状を受けた松尾さんは「困っている医療現場の方々にしっかり届けたい」、芙美子さんは「リスクを冒して働く人に、少しでも安心してもらえたら」と話した。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

西播の最新
もっと見る

天気(7月11日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 90%

  • 27℃
  • ---℃
  • 90%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ