西播

  • 印刷
「佐用の魅力を伝えたい」と英語版インスタグラムを始めたギタンジュリー・シャーマンさん=佐用町佐用
拡大
「佐用の魅力を伝えたい」と英語版インスタグラムを始めたギタンジュリー・シャーマンさん=佐用町佐用
開設された英語版インスタグラムの投稿ページ
拡大
開設された英語版インスタグラムの投稿ページ

 兵庫県佐用町観光協会がこのほど、写真共有アプリ「インスタグラム」の英語版を開設した。運用するのは、佐用高校にALT(外国語指導助手)として勤務する米国出身のギタンジュリー(ジュリー)・シャーマンさん(22)。「STAY HOME(ステイ・ホーム)」が呼び掛けられる中、「旅行ができない今だからこそ、自宅から佐用の美しい風景を楽しんでほしい」と思いを語る。

 佐用高での勤務に伴い、昨夏から佐用で暮らすジュリーさん。最初の頃は、佐用町に関するインターネット上の情報が少ないことに驚いたという。外国語で発信されているものもほとんどなく、前任のALTから教えてもらった情報や日本語版のインスタグラムを頼りに、町内の観光スポットや飲食店について知識を増やしていった。

 そんな折に、神戸市や養父市では国際交流員(CIR)の外国人スタッフが地域の情報を発信していることを知った。ジュリーさんは早速、英語版のインスタグラムを開設できないか町に提案。町観光協会などと協議を進め、4月から「explore_sayo」のアカウント名で満開のサクラや智頭急行沿線などの風景写真を投稿し始めた。

 「探検」の意味も持つアカウント名にしたのは、「風景を見て楽しむだけでなく、その場所を知って、探ってほしいから」とジュリーさん。「新型コロナウイルスが終息すれば、佐用にも観光客を誘致したい。2021年には東京五輪も開催されるはず。そのためにも今のうちから情報を増やし、魅力を伝えたい」と意欲を燃やしている。(勝浦美香)

西播の最新
もっと見る

天気(7月11日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ