西播

  • 印刷
山本実市長に目録を手渡す緒方さん(左)=たつの市役所
拡大
山本実市長に目録を手渡す緒方さん(左)=たつの市役所

 新型コロナウイルスの感染拡大防止と地域の経済対策に役立ててほしいと、兵庫県たつの市新宮町大屋の緒方鉄工所会長、緒方義則さん(79)が7日、同市に個人として1千万円を寄付した。

 緒方さんは26歳で家業の小さな鉄工所を継ぎ、従業員70人の会社に育て上げた。市商工会長や県鉄工建設業協同組合理事長なども歴任。今年で数え年の傘寿(80歳)を迎えたほか、新工場の完成も予定しており、記念に寄付をすることにしたという。

 たつの市役所で山本実市長に目録を手渡した緒方さんは「長年お世話になった地域への感謝の印。コロナで先は不安だが、経済が循環して、元の生活に戻れるように使ってほしい」と思いを語った。

 同市は市独自の経済対策事業の財源に充てる予定だという。(古根川淳也)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

西播の最新
もっと見る

天気(7月11日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ