西播

  • 印刷
持ち帰りメニューに付いてくるお菓子。オリジナルパッケージのうまい棒なども=相生市本郷町、居酒屋サクラ・ベース
拡大
持ち帰りメニューに付いてくるお菓子。オリジナルパッケージのうまい棒なども=相生市本郷町、居酒屋サクラ・ベース

 新型コロナウイルスの感染拡大で大打撃を受けている飲食店を応援しようと、兵庫県相生市観光協会は市内の17店舗で持ち帰りメニューを注文すると、市などが別注した菓子がもらえるキャンペーンを始めた。各店舗ともそれぞれ30セット限定で配る。

 配布されるのは3点。このうちスナック菓子の「うまい棒」と、地元の湊水産が製造する「うまいか」は、市と市観光協会が発注したオリジナルデザインのパッケージで、ご当地キャラクターの「ど根性大根 大ちゃん」などが描かれている。残る1点の「キシリクリスタルのど飴」は、市内に工場がある春日井製菓から提供を受けた。

 JR相生駅前の居酒屋「サクラ・ベース」は売り上げが4分の1に落ち込み、500円の弁当販売を始めた。店主の山本親代さん(65)は「地元で有名なうまいかが入っていて、喜ばれると思う。お持ち帰り推進につながれば」と期待を寄せる。

 相生市観光協会TEL0791・22・7177

(伊藤大介)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

西播の最新
もっと見る

天気(7月11日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ