西播

  • 印刷
寺院の大広間に展示された龍野北高校生の作品=たつの市龍野町福の神
寺院の大広間に展示された龍野北高校生の作品=たつの市龍野町福の神

 兵庫県たつの市龍野地区の町家や旧醤油蔵などを展覧会場として開放し、龍野北高生や地元作家らの作品を公開する「第18回町ぢゅう美術館」が7日、開幕した。今年のテーマは「DE彩N(デザイン)」。33カ所の会場では高校生のダンスや音楽のステージ、来場者の参加型イベントも開催。国の重要伝統的建造物群保存地区に選ばれた城下町をにぎわいで彩る。9日まで。

 同校の前身、旧龍野実業高校の生徒による作品発表の場として2003年に始まった。現在は地元の文化団体などとつくる実行委員会が主催。高校生の運営を地域挙げて支援する取り組みとして受け継がれる。

西播の最新
もっと見る

天気(3月30日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 40%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ