西播

  • 印刷
赤穂義士の鎮魂を祈り、ろうそくに火をともす参列者ら=赤穂市上仮屋
赤穂義士の鎮魂を祈り、ろうそくに火をともす参列者ら=赤穂市上仮屋

 赤穂義士の命日に当たる4日、兵庫県赤穂市上仮屋の赤穂大石神社で「義士自刃御命日祭」があった。大石内蔵助ら四十七士中、46人が大名4家に預けられ、切腹してから317年。参列者らは四十七士の名前を記した大ろうそくに火をともし、討ち入りで本懐を遂げた義士の鎮魂を祈った。

 赤穂義士を祭る同神社が執り行った。武士のかがみとして義士をたたえ、討ち入りの大義を伝える。神事や大根炊きの振る舞い、義士を追慕する尺八や琴の演奏もあった。

西播の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ