西播

  • 印刷
ダンスパーティーで踊る参加者=相生ステーションホテルアネックス
拡大
ダンスパーティーで踊る参加者=相生ステーションホテルアネックス
ダンスパーティーで司会を務める石原裕久さん(右)、敦子さん夫妻=相生ステーションホテルアネックス
拡大
ダンスパーティーで司会を務める石原裕久さん(右)、敦子さん夫妻=相生ステーションホテルアネックス
相生証券太子営業所だった建物を改装した練習場=太子町鵤
拡大
相生証券太子営業所だった建物を改装した練習場=太子町鵤
クッション性を備えたダンスホールの床材=相生ステーションホテルアネックス
拡大
クッション性を備えたダンスホールの床材=相生ステーションホテルアネックス

 JR相生駅前に立つ相生ステーションホテルアネックス(兵庫県相生市本郷町、112室)に、ワンフロアを丸々ぜいたくに使ったダンスホールがある。経営する石原裕久(ひろひさ)さん(81)の肝いりで、本格的な社交ダンスのスペースとして誕生した。「多くの人にダンスを楽しんでほしい」と毎月パーティーが開かれ、着飾った紳士淑女が集う。魅力は何か-。(伊藤大介)

 タンゴやワルツが響くホールに、ドレスアップした男女の熱気が満ちていた。

 2019年12月、相生ステーションホテルアネックスで開かれた社交ダンスのクリスマスパーティー。播磨地域を中心に、岡山、鳥取県、四国からも約140人が詰め掛けた。

 赤や黄色、花柄のドレスで着飾った女性たち。男性陣はシャツの胸元を大きく開けたり、サンタクロースのコスチュームをまとったり。思い思いの装いが会場を華やかに彩った。

 参加費は3500円と手頃で、ホテル内にあるバイキング形式のレストランで腹ごしらえを済ませる。食事なしのパーティーだと1500円。女性の着替えは客室を使う。

 高松市から瀬戸内海を越えて参加した男性(72)は「ホテルでのディナー付きダンスパーティーは2~3万円が珍しくない。リーズナブルで参加しやすい」と笑顔でうなずいた。

 傷が付きにくいと評判のフロアは広さ約200平方メートル。社交ダンスに適したカバザクラのフローリングの下にクッションを仕込んでいる。

 「床材に凝っていて踊りやすい。公民館では足を滑らせて膝を痛めることもある」と男性プロダンサーの参加者。石原さんは「じゅうたん敷きのホテルではダンス用のパネルを敷き直さないといけないが、必要ない。その分、参加費が抑えられる」と胸を張る。

 鏡張りの練習場もある。経営に携わった相生証券の太子営業所(太子町鵤)の2階を早くからカバザクラのフローリングにし、同営業所を閉じた03年に1階も同様の床に変えた。利用料は1日千円。社交ダンス歴20年の上郡町の男性(72)は「西播磨でこれ以上の練習場はない」と太鼓判を押す。

 実は、石原さんは社交ダンスの元競技者。こだわりのフロアや練習場は、ダンサー目線で思いを詰め込んだ舞台でもあった。

■同窓会、新年会、会議にも活用

 石原さんの思いが結実したダンスホールは同窓会や新年会、会議にも使われている。

 JR相生駅前で飲食、宿泊ができ、数十人が集まることができる場所はなく、「当初は想定していなかったニーズにも応えられた」と石原さん。建設当初は「フロアを作れば、客室が減る」という反対意見もあったという。「ダンスに限らず、多目的に利用していただきたい」と話す。

■設立の石原さん、こんな人

 石原さんは1890(明治23)年創業の新聞販売店「石原新聞舗」の3代目。80歳を超えたが、ホテルや不動産取引の「共栄商事」、ボートを管理する「相生コスモマリーナ」などの経営に精力的に携わる。

 立教大の学生時代からヨット、スキーなど海や山のスポーツに親しんだ石原さん。40代後半で社交ダンスに出合い、妻敦子さん(80)の誘いで「健康にいいかな」と気軽に競技を始めたが、次第にのめり込んだ。

 夫婦でプロからレッスンを受け、めきめきと上達。70歳前後でアマチュア最高位のA級に達し、競技会で活躍するようになった。

 情熱がホール開設につながった。2006年にダンスホールを備えた「-アネックス」を開業。74歳で現役選手を退き、現在は日本ダンススポーツ連盟の公認指導員、競技会を取り仕切る競技長、審査員の採点を管理する採点管理長を務める。主催するダンスパーティーでは司会や選曲を担う。

 「いいと思ったものはみんなも喜んでくれる。そう思ってやってきました」

【記者のひとこと】

 ホテルなどの経営に、社交ダンス、株式投資、小型飛行機の操縦-。石原裕久さんが手掛ける事業や趣味は幅広い。新聞販売店は娘婿の光生さん(48)に譲ったが、趣味だった社交ダンスはもはや西播磨で競技振興を支える立場となった。

 小型飛行機は共同所有するサークルに加盟しており、中国地方で悠々と空中遊泳を楽しむ。「私の仕事は趣味の延長線上にあるものですから。楽しいてしょうがない」と笑みをこぼす。

 相生駅前に建てたスーパー「ラ・ムー」の上階に、ダンスホールを計画したことも。「あそこだったら、もっと大きなホールにできたのに」。夢は尽きることがない。

西播の最新
もっと見る

天気(2月20日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ