西播

  • 印刷
近畿高校駅伝初出場で意気上がる龍野北高校の女子長距離部員=たつの市新宮町芝田
拡大
近畿高校駅伝初出場で意気上がる龍野北高校の女子長距離部員=たつの市新宮町芝田

 龍野北高校(兵庫県たつの市)陸上競技部の女子駅伝チームが、10日に同県丹波篠山市で行われた県高校駅伝で過去最高の10位に入り、近畿高校駅伝(24日・南あわじ市)初出場を決めた。女子の長距離部員は6人と少人数だが、厳しい練習をともに乗り越えて快挙を成し遂げた。近畿の強豪校が顔をそろえる憧れの舞台で、大会ごとに記録更新を続けるチームのさらなる飛躍を誓う。

 近畿大会が地元開催のために増えた出場枠でチャンスをつかんだ。同校によると、前身の龍野実業高校と新宮高校時代を含め、女子駅伝チームの近畿大会出場は初めて。近年では西播地区予選会で2017年が4位、18年が5位に入り、2年連続で出場した県高校駅伝では28位、20位と順位を上げていた。

 未整備だった周回用のトラックを16年、グラウンドに確保。学校周辺の周回コースも設定し、雨天時も計画的な練習メニューをこなせる環境を整えた。以来、1日20キロを目安に走り込み、今夏にはけが予防も兼ねて水泳も取り入れた。

 個々の選手のタイムも飛躍的に伸びた。1年の岡田葉月さん(16)は3000メートルの自己記録を中学時代から2分近く短縮。「今まで頑張ってきた成果が出せた。近畿でもやってやるぞという思い」と自信をつけた。

 今季は出場した駅伝大会で、同校の女子駅伝チーム記録を3回連続で更新。タイムもこの間に3分早めた。顧問の新庄正教諭(36)は「目標に向かってみんなで助け合い、一直線に頑張れたことが結果につながった」と語る。

 大舞台に向け、練習にも力が入る。3年の松原汐里主将(18)は「少ない人数ながら信じ合える仲間づくりができた。強いチームを相手に実力を試し、記録を更新したい」と意気込む。(松本茂祥)

西播の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ