西播

  • 印刷
紅葉が見ごろを迎えたもみじ山周辺を練り歩く武者行列=宍粟市山崎町門前
拡大
紅葉が見ごろを迎えたもみじ山周辺を練り歩く武者行列=宍粟市山崎町門前

 紅葉が見ごろを迎えた兵庫県宍粟市山崎町の最上山公園もみじ山周辺で17日、山崎藩を治めた本多家を顕彰する「山崎本多まつり」が開かれた。総勢70人の武者行列が、赤く色付いた山すそや江戸期の町並みが残る酒蔵通りを練り歩き、戦国絵巻を繰り広げた。

 徳川四天王の一人、本多忠勝の子孫が治めた山崎藩の歴史を知ってもらおうと、住民有志による実行委員会が主催し3回目。今年は9日から開催中の「最上山もみじ祭り」に合わせた。

 武者行列は山崎八幡神社を出発。もみじ山の見物客が見守る中、山すその小路などを練り歩いた。家族3人で行列を見守った近くの男性(42)は「もみじがきれいだし、町がにぎやかになってうれしい」と話し、酒蔵の前で地酒を試飲していた。

 もみじ祭りでは23、24日、商店街沿いに約60店が並ぶ「よいまちハイカラフェスタ」、ギターやサックス奏者ら18組が出演する「森の音楽祭」などがある。23日午後3~8時は「宍粟山崎酒蔵まつり」が開かれ、地酒の飲み比べや町家ホテルの開放もある。しそう森林王国観光協会TEL0790・64・0923(月曜定休)

(古根川淳也)

西播の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 15℃
  • 10℃
  • 70%

  • 17℃
  • 8℃
  • 70%

  • 13℃
  • 9℃
  • 60%

  • 15℃
  • 10℃
  • 50%

お知らせ