西播

  • 印刷
セミナー開催事業を一時停止している宍粟市雇用創生協議会の事務所=宍粟市一宮町生栖
拡大
セミナー開催事業を一時停止している宍粟市雇用創生協議会の事務所=宍粟市一宮町生栖

 兵庫県宍粟市雇用創生協議会が架空のセミナー実績を報告して国の委託金を不正受給していた疑いが浮上している問題で、同協議会と市の関わりについて懸念を示していた市議らから、同協議会長を務める福元晶三市長の責任を追及する声が上がった。

 同協議会は昨年10月に雇用創造事業に採択され、12月から活動が始まった。だが、市議会への報告は今年2月までなかったという。このため、3月の一般質問では、採択経緯の不透明さや市長の監督責任についての質問が出ていた。

 実践型雇用創造事業では市が協議会の活動に責任を持つことになっており、不正があった場合に市が責任を取る可能性を問われた市側は「会計処理をチェックする体制を整えていきたい」などと答弁していた。

 だが、5日、市の担当者は「国が採択した事業であり、市は協議会に関わる立場にない。書類を確認すれば、それ以上実態を把握しようがなかった」と説明。踏み込んだ監査をしてこなかったことを認めた。

 一般質問した市議は「常任委員会でも監督体制について再三指摘してきたが、何も変わらなかった。認識が甘いと言わざるを得ない」と指摘した。(古根川淳也)

西播の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ