西播

  • 印刷
地元住民が製作した竜野駅周辺地区のジオラマ=たつの市揖保川町内
拡大
地元住民が製作した竜野駅周辺地区のジオラマ=たつの市揖保川町内

 JR竜野駅(兵庫県たつの市揖保川町)の周辺整備で変わるまちの形を残そうと、地元住民がジオラマ(立体模型)を作った。ドローンで撮影した古里の映像とともに、27日に揖保川公民館(同町山津屋)で開かれる「竜野駅ふれあいフェスティバル」で披露される。

 竜野駅周辺地区まちづくり協議会専門委員会が企画。60、70代の8人が3カ月がかりで完成させた。

 ジオラマは駅周辺エリア(縦110センチ、幅150センチ)と、駅を中心とする神部小学校区(縦90センチ、幅120センチ)の2種類。駅周辺は百数十メートル区画を縮尺150分の1で作製。1906(明治39)年建築の古い駅舎は実際に測量し、外観を再現。郵便ポストや公衆電話、改札の配置まで本物に近づけた。同校区の模型は地形図を基に縮尺2500分の1で家を一軒ずつ並べ、微妙な高低差も表現。公共施設には目印を付けた。

 ドローン映像は駅周辺、名所旧跡など11カ所を紹介する史跡散策のDVDに編集。校区内10自治会の空撮写真も展示する。専門委員長の生駒憲二さん(72)は「現風景を記録と記憶に残したかった。見慣れた風景を空から見て、地域を再発見する機会に」と話す。

 同フェスは27日午前10時~午後2時半。13団体が出演するダンスステージ、甲冑着用体験、名産品販売など。午後1時から「竜野駅と鉄道遺産」と題し、産業考古学会の小西伸彦理事が講演する。市揖保川総合支所TEL0791・72・2525

(松本茂祥)

西播の最新
もっと見る

天気(12月7日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 30%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ