西播

  • 印刷
32年間にわたる切符の委託販売を終えた春國靖夫さん、康子さん夫婦=佐用町三日月
拡大
32年間にわたる切符の委託販売を終えた春國靖夫さん、康子さん夫婦=佐用町三日月
JR三日月駅で9月末まで販売されていた切符。駅名や金額が印字されている
拡大
JR三日月駅で9月末まで販売されていた切符。駅名や金額が印字されている

 JR姫新線の三日月駅(兵庫県佐用町三日月)が無人駅になった後の32年間、親子2代にわたって切符の委託販売を請け負ってきた春國靖夫さん(78)、康子さん(75)夫婦が、9月末でその役目を終えた。委託を受けて住民が切符を手売りする駅は、県内では三日月駅が最後。春國さん夫婦は「惜しんでくれる声もあるが、体力的にそろそろ潮時。たくさんの人と出会えてよかった」と振り返る。

 同駅が無人駅になったのは1986年。翌年の4月からJR西日本の委託を受け、駅の隣で駐輪場を経営していた靖夫さんの母・故ハツコさんが手売りで販売するようになった。

 切符はJRから買い取ったもので、三日月駅の名と行き先が印刷された薄い紙に日付印を押して手渡す。ハツコさんは電車を待つ乗客のためにこたつを用意するなどし、売り場は次第に常連客の集会所のようになった。

 高齢のハツコさんに代わり、2004年からは靖夫さん、康子さん夫婦が受け継いだ。毎日午前5時半、始発電車が来る前の時間から、終電の午後11時過ぎまで売り場で過ごした。雪が積もれば雪かきをし、道に迷った人がいれば道案内。仕事ぶりはまるで“駅長さん”のようだった。

 体力的に厳しくなってきた頃、消費税の増税が決まった。手売りの切符は、あらかじめ駅名や金額が印字されているため、値段が変われば印刷し直さなければならない。「ちょうどいいタイミングだ」。2人はJR西と話し合い、引退を決めた。

 販売終了を知らせると、常連客からは寂しがる声もあった。鉄道の愛好家らも、切符を求めて全国各地から訪れた。駅で買える十数種類の切符をすべて買って帰る人もいた。

 「正直寂しい気持ちはある。けど、元気なうちに引退できてよかった」と夫婦。JR西と、佐用町から感謝状を受け取り、「ほっとした。たくさんの出会いがあり、良い経験をさせてもらった」と笑った。

 三日月駅は10月から、車内の整理券を取って降車駅で精算する仕組みになっている。(勝浦美香)

西播の最新
もっと見る

天気(11月16日)

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 40%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ