西播

  • 印刷
古里に戻り開院した觀田学さん=たつの市新宮町吉島
拡大
古里に戻り開院した觀田学さん=たつの市新宮町吉島

 40年以上にわたり医師が不在だった兵庫県たつの市新宮町香島地区で、出身の医師觀田学さん(44)が「かんだ内科クリニック」を開設した。不整脈治療の最前線で培った専門的な知識と経験を基に、「私を育ててくれた古里で恩返ししたい」と抱負を語る。

 觀田さんは同地区で生まれ育ち、鳥取大医学部へ。卒業後は神戸大第一内科(当時)に入局し、県立柏原病院に勤務。約10年前から実家近くに居を構え、県立姫路循環器病センター、赤穂市民病院に勤務していた。

 循環器診療、とりわけ不整脈専門医として患者の治療に当たってきたが、将来を見据えた次のステップとして古里での開業を決意。かつて曽祖父も医師として診療所を開いていた縁があり、高齢化が進む地区の住民からも開院を望む声が届いていたという。

 木造2階建てのクリニックは今月2日にオープン。車寄せに屋根を設け、処置室を広く取った。医療機関の休診が多い木曜は午前午後とも診療に応じ、患者の利便性に配慮する。

 「かかりつけ医として、大病になる前に直せるように役目を果たしたい。いずれは地域で予防的な取り組みにも力を入れたい」と話す。同クリニックTEL0791・76・6700

(松本茂祥)

西播の最新
もっと見る

天気(11月16日)

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 40%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ