西播

  • 印刷
涼やかな音色を響かせながら揺れる風鈴=佐用町平福、光明寺
拡大
涼やかな音色を響かせながら揺れる風鈴=佐用町平福、光明寺

 兵庫県佐用町平福にある光明寺で、1500個の風鈴が並ぶ「風鈴まつり」が開かれている。これまでは知る人ぞ知る催しだったが、今年は会員制交流サイト(SNS)の力を借りて、住職がPR。じわじわと話題になり、県内外からカメラを手にした人々が訪れるようになっている。

 同まつりは、幅広い世代に気軽に寺を訪れてもらえるようにと、同寺の井上隆快住職(70)が4年前に始めた。若い頃はカメラを趣味とし、現在はSNSも積極的に活用する井上住職。「インスタ映え」を意識し、今年は風鈴のつるし方を変えた。

 昨年までは本堂周辺につるすだけだった風鈴を、今年は参道にアーケードのようにつるし、「散華風鈴浄心の小径」と名付けた。風通りのよい小径は、風が吹くたびに風鈴の涼しげな音色を響かせ、境内に足を踏み入れる前から参拝客を楽しませている。

 さらに、自身のSNSにも写真を投稿。最初は1日に1、2人が訪れる程度だったが、訪れた人が画像投稿サイト「インスタグラム」などで紹介するようになると注目を集め、県外からも人が来るようになった。

 宍粟市から訪れた女性(32)は「ネットで見て来た。風鈴がそれぞれ違う色できれい」とカメラを向ける。井上住職は「皆さんが音色に癒やされ、きれいだと思ってくれたらうれしい」と喜ぶ。

 風鈴まつりは30日まで。入場無料。350円で風鈴を奉納すると、境内につるしてもらえる。同寺TEL0790・83・2646

(勝浦美香)

西播の最新
もっと見る

天気(12月6日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 6℃
  • ---℃
  • 70%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 8℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ