西播

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県佐用町西大畠の国道を車で走っていると、峠のカーブでただならぬ気配を感じた。車を路肩に寄せ、振り返ると、森の奥から悲しげにこちらを見つめる顔がある。

 うっすらと涙を流し、豪快によだれを垂らしている。あんたら人間のせいで、おいら、もう傷だらけだよ…。森の番人がいたいけにそう訴えているかのようだ。

 だが、この顔の正体、下流への土砂の流出を防ぐ砂防ダムの堤体で、一般的なタイプらしい。豪雨時には土石流を食い止め、人々の命を守っているのだ。

 すれば、あの目に流れるのは、土砂を抑える苦痛に耐える涙なのか。おいら、役に立ちたいだけさ-。森の奥から、声が聞こえた気がした。(森本尚樹)

★神戸新聞公式ツイッターはこちら

西播の最新
もっと見る

天気(2月25日)

  • 16℃
  • 8℃
  • 70%

  • 14℃
  • 2℃
  • 80%

  • 15℃
  • 6℃
  • 60%

  • 14℃
  • 4℃
  • 70%

お知らせ