西播

  • 印刷
太子の生涯を逸話とともに描いた「聖徳太子絵伝」=太子町鵤
拡大
太子の生涯を逸話とともに描いた「聖徳太子絵伝」=太子町鵤

 聖徳太子の姿を、その一生を描いた絵伝などでたどる企画展「お太子さん」が、太子町立歴史資料館(兵庫県太子町鵤)で開かれている。室町-明治時代の制作時期の異なる3種類を展示。信仰の対象であり、時代を超えて慕われた存在の大きさを物語る。9月1日まで。

 各絵伝は「聖徳太子伝暦」として10世紀頃に編集された伝記を基に制作。町内の寺院の所蔵で、いずれも4幅の掛け軸からなる。

 1555年に斑鳩寺(同町鵤)に奉納された絵伝は生涯を四季に分け、幼少期は春、青年期は夏の風景などと重ねて描く。江戸時代後期は当時流行した絵草子の挿絵風でにぎやかに、明治時代の絵伝は青を基調に端正な雰囲気を醸す。

 2歳で南無仏と唱えたり、愛馬で富士山に飛んで上がったりする姿は共通するが、妃を迎える場面など取り上げ方が異なるケースも。「世間に好まれる絵柄をそろえたのだろうか」と同館。伝暦の注釈書で町指定文化財の「太子伝抄」、制作者に応じ顔立ちも個性的な陶像なども紹介する。

 大人200円、高校・大学生150円、小中学生以下と65歳以上は無料。同館TEL079・277・5100

(松本茂祥)

西播の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ