西播

  • 印刷
参院選の投票所を設営する姫路市職員=同市市之郷町(撮影・谷川直生)
拡大
参院選の投票所を設営する姫路市職員=同市市之郷町(撮影・谷川直生)

 21日に投開票される参院選。姫路・西播磨地域の5市6町では20日、計298カ所の投票所の設営が進められ、担当職員が投票箱の点検など準備に追われた。兵庫県姫路市市之郷町の東小学校体育館では、職員5人が選挙区と比例代表ごとの記載台や投票箱を設置。政党や候補者名が記載された用紙を貼り付けた。

 投票所数は、姫路市109カ所▽相生市23カ所▽赤穂市22カ所▽宍粟市31カ所▽たつの市35カ所▽福崎町13カ所▽市川町16カ所▽神河町11カ所▽太子町9カ所▽上郡町11カ所▽佐用町18カ所。前回の2016年から変動はないが、平成の大合併を経た4市町は既に再編している。宍粟市が15年に23カ所減らしたのをはじめ、姫路市は21カ所、佐用町は19カ所、たつの市は11カ所を削減した。

 宍粟市は投票所が遠くなった市内46自治会を対象に26路線の送迎バスを準備。それぞれ午前と午後の2回運行し、交通手段確保と投票率向上を図る。他方、相生市は人口が減る中で投票所数を維持する。市選挙管理委員会は「有権者の高齢化が進み、遠い投票所には行きづらい。できるだけ投票所数を維持したい」とする。(まとめ・松本茂祥)

西播の最新
もっと見る

天気(8月22日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ